めいチャンとの激闘の末に、何かに一生懸命になる楽しさを思い出した、『もえお』だった。

一足先に家路につく、『めいチャン』だったが、まだ『もえお』はトリニティアイランドにいた。


めいチャンにより、全ての指導を受けた『もえお』は立派な閃手に成長していた。

優勝賞金を獲得するべく、最後まで奮闘するもえおだったが、最終日にも事件は起きる。


彼は無事に賞金を獲得し、家族が待つカミハルムイに戻る事ができるのか!?

43E8A5CB-5156-404D-B42C-B9E4F0F2ABEC

→もえおの大冒険 第6話はコチラ









45E5F8E2-4CE9-4AC2-B7DB-EDA75FED97E8
ハヤテ:もえおサン、いよいよ最終日ネ!

アマツカゼが初代の優勝クラブになるか、私ドキドキしてるヨ!




5B02AFA0-3E6C-462C-A1DE-59B4B07F0982
もえお:やれることはやったんだ。

後悔する事は何もないさ。




F71B7529-ECFB-4ED4-AF33-4023929B9EC4
もえお:いつからだろうな。

オレはつまらない男になってたんだな。

長い間、こんな気持ちになることも忘れていた。



FE61AF5A-A27F-44E7-8700-D23E9783EB6C
ハヤテ:心の中が、荒野のようにハゲ散らかしてたネ。



2CFFAE57-D1B8-4C14-9EF6-1F32A40FE2B9
もえお:例えるなら、今はボーナスジュエルのように光り輝く玉のような気持ちだよ。



E7F9D75C-9152-45F5-8C16-1BF3CCE3B41D
ハヤテ:結局ハゲてるネ!

ピッカピカのボーナスジュエルヘッドだヨ!ww

納品しても、0ポイントネ!!ww





もえお:ふっ
1C7FF3CC-347E-4BFD-9996-3C143AA9D115
前のオレなら、ここで怒ってるだろう。(プルプル)

しかし、短気は損気。

オレは成長したのさ!(震える声)





そんな他愛もない会話をしていると、『ハヤテ』は、人の気配を感じた。
10DB4BD8-D1AE-4CE9-88FD-2A779C2C9BD9
ハヤテ:!!



ハヤテ:嫌な予感がするアル。。
E232822B-1453-4C37-9C35-09D1A6A565CC
まさか。。そんなはずは。。ないネ。。

あいつは死んだ。。はず。。ネ



C8E58A30-21CE-410F-85FA-76417F860058
???:ハヤテ、久しぶりだな。

会いたかったよ。



4DF88222-83F8-4908-AABB-8265165F7875
ハヤテ:何で。。

なんで。。いるんだヨ。。






D9C23DA1-CAD6-4055-BD22-7CF7221D54BE
ハヤテ:とーちゃん!!!



B08081DD-21B2-413B-8EA8-063746D70D4E
もえお:え、ぇぇぇえええ!!




F299BD18-A58A-4F95-ABB5-081E0FC950EF
ソウシ:ほう、お前さんが噂のもえお君か。

ワシは『颯に志』と書いて、『ソウシ』という者だ。

お察しの通り、ハヤテの父親だよ。




E2592F4A-982B-4A0E-BDD7-AEF797EB6A5F
もえお:おとうさま!?

はじめまして、お父様。

ワタクシはハヤテさんとお付き合いさせてもらっt



41BE2726-20C9-40E8-9387-1F32B4E668EA
ハヤテ:付き合ってないネ!!



C75DD445-DEDE-420F-A793-C94468920A68
ハヤテ:それより、なんで生きてるネ!

トツゼンいなくなって、7年も何してたヨ!!




34FB67F2-A517-4E39-906D-9F97E271EAD1
ソウシ:落ち着きなさい。

これには深い訳があってな。。






7年前。




1FA9C1C7-3DA0-4B39-ADB2-570E42FC2FDD
ワシは、トリニティの英雄と呼ばれていた。

この島で、その名を知らない者はいなかった。

そんなワシは、仙龍トトゴンの命を受けて旅に出た。



FE84BD87-F627-477C-880F-1B40DD447116
トトゴン:バトルトリニティは、この島の大きな文化。

しかしアストルティア人の多くが、その存在も知らぬのが現実じゃ。

このままでは、この島の文化は衰退の一途をたどる事になるじゃろう。


お主は、この島の英雄としてバトルトリニティを世に広めるのじゃ。

そして、その技を次なる代に継承するのじゃ。




ソウシ:危険な旅に、まだ幼かったオマエを連れていくわけにはいかなかったんだ。

トトゴンに任せて、島を出たまでは良かったが、思ってた以上に時間が過ぎてしまった。

788F8E7A-950E-40F0-BD88-F20F462F992C
余計な心配をかけまいとトトゴンに口止めをしていたが、長い間すまなかったな。



C6E25FE2-2773-4FE4-8560-16E71270E028
ハヤテ:そんなのとーちゃんの勝手だヨ!

プンプン!!






そう言い残すと、ハヤテは立ち去ってしまった。



8A4F5769-6D8A-4096-8D01-16B4325A6E74
ソウシ:ハヤテ。。立派に育ったな。

ユヅキにソックリだ。




C657FABC-C309-480F-9DC0-7780A85D78D3
トトゴン:ソウシ、戻ったか。

お主のおかげで、バトルトリニティはアストルティア全域に広まった。

これで、お主の旅は終わりということじゃな。




D43C8C06-8653-40BB-AFB6-4C845B632510
ソウシ:それがそうもいかないんだ。

肝心の世継ぎが見つからないんだ。

この島の決まりで、『渦龍颯爽拳』の伝承者とするのは『男』と決まっているからな。



1937EE2B-EE83-4034-BF79-7988AC797212
ソウシ:ハヤテは『女』だ。

ハヤテの婿となる世継ぎを探さねば。。



95242AA2-3ED4-44B3-A94B-66F21D9876EA
もえお:えっ!

ハヤテさんのお婿さんを探しているんですか!?




247BDA1E-5CFD-4EDE-8513-88613A746B46
ソウシ:あくまでワシの跡継ぎを探しているのだが、結果的にそういうことになるか。



4ADDCEE3-7918-4BE8-BC02-F16798F6E561
もえお:はーい!

ボクが立候補しまーす!




CBD26633-3665-4C19-98D7-F61E70FB1CCC
ソウシ:しかし、誰でも良いという訳ではない。

トリニティの英雄と呼ばれたワシを超える者しか認めんゾ!

そのウデ、試させてもらおう。




CA854DB6-F626-433B-A3FB-ECA2B3A9A41F
もえお:い、いや、その、違うんでs

ノリで言っただけというか。。




ソウシ:その意気や良し!
307C0DC4-8849-41B3-8290-164DEEE1A88F
久しぶりに腕がなるぜ!!




D50761E3-8045-4E29-92E9-FF7605592604
もえお:その意気や良し!じゃなくて、聞いてますかあああ

あのー。。もしもーし。。腕ならなくていいです。。




40FD8848-F4D0-491C-B80B-AE0E521C91C8
ソウシ:ハッハッハッ

実に楽しみだ!!





こうして、結婚している身でハヤテの婿に立候補してしまった『もえお』は、トリニティの英雄『ソウシ』と対峙することになった。



786D215D-58A8-4BC0-B480-B25E475DE8CE
もえお:なにこの展開。。。。



20B2CA7C-862F-4B29-92BB-F89DDBADD922
ソウシ:ほう、魔法使いか。

ワシは戦士でいく。

アマツカゼ所属だが、今回はブルートライデントとして参加させてもらう。




閃手データ

閃手名颯志(ソウシ)

所属天狐アマツカゼ

実績35

勲章スターダイヤ章





もえお:やるしかないか。。
65AFFF9F-3CE3-404B-AE58-AE7DEE1909D8
今まで培ったものを、全てぶつけよう!



10B0EF89-0EE3-4384-89A5-A96BE65A3A21
もえお:よし、中央のトライロックは確保した!

味方の動きも悪くない!

この隙に、オレはレベル上げに専念だ!!





ソウシ:世継ぎに立候補するだけの事はあるな。
21B9D5DC-5932-424A-AA49-79521411118D
おもしろくなってきたゾ!!



残り時間5分。


アマツカゼの得点:224

ブルートライデントの得点:166
AD8B0D5B-E4A8-427E-9D0C-8E96E6105D6F



アマツカゼ陣営は、順調にポイントを稼ぎ中央のトライロックも維持していた。

もえおは味方を信じて、レベル上げに専念していた。


一方、ブルートライデント陣営。



944388C3-2C7F-4D27-8BAF-54941BE5FAEA
ソウシ:さすがのワシも、年には敵わないか。

しかし、このまま終わる訳にはいかない。。!





残り時間3分。



アマツカゼの得点:284

ブルートライデントの得点:230

AD8B0D5B-E4A8-427E-9D0C-8E96E6105D6F



リードを保っていた『もえお』達だったが、その差は確実に縮まっていた。




もえお:何かおかしい。。
95179B25-53E4-485E-9D1F-44830B4A1CEC
まさか!!!



そのまさかだった。

もえおがレベル上げに専念していると、中央のトライロックを守っていた味方2名が総攻撃にあっていた。

それに気づいた『もえお』は急いで中央に向かった。




しかし。
19C1DA75-A491-457F-95FC-2BDDFD7CC74A
一足、遅かった。




ソウシ:トリニティで大事なのは、やはり中央のトライロック。
307C0DC4-8849-41B3-8290-164DEEE1A88F
ここから巻き返す!!




ブルートライデントの猛攻に、中央のトライロックは占有されてしまっていたのだ。



残り時間1分30秒


アマツカゼの得点:352

ブルートライデントの得点:348
旗3




その差は、わずか4ポイント。

両者互角な戦いを繰り広げ、クライマックスを迎えようとしていた。



2BFFB6DC-301F-4DC7-8232-D7051B538FF1
ソウシ:もえおくん、君はよく頑張った。

動きを見ていればわかる。

いくつもの試練を乗り越えてきたのだろう。

しかし、ワシも手を抜くわけにはいかないのだよ。

全力でいかせてもらうよ!!





残り時間30秒。



アマツカゼの得点:458

ブルートライデントの得点:450
旗3




この時、誰もが1個でも多くのトライロックを占有しようと躍起になっていた。

そんな中、ブルートライデントの盗賊が『ばくだん岩』を運んでいた。




残り時間20秒。


アマツカゼの得点:464

ブルートライデントの得点:462
旗3




82DED50C-70A4-4783-BFED-9C65F65C3971
もえお:よし、このままトライロックを守り切る事ができれば勝てる!!



残り時間8秒。



しかし、駆け付けたトライロックの先には。。



E9C56E32-A9A6-4EA1-970D-98B676B65AF6
もえお:げえええ!!

ばくだん岩!!

ば、爆発寸前だしいいいぃぃ




残り時間5秒。




ソウシ:ムム、あれは!
32470B0C-1E2D-40E4-A8E0-5FBD85B32EFE
ばくだん岩を壊されたら負ける!

そうはさせないゾ!!!



17BBE41A-9B66-40AF-B4AC-2D1D7E300452
もえお:うおおおお!

間に合ええええええ!!!





残り時間3秒。





この時、もえおは『ばくだん岩』に背を向けていた。
A7A9CA4E-C69C-4BF9-B70E-4A57C30422E3
もう間に合わないと誰もが思った。




。。。。





7117295E-F2DA-4DB2-8CAA-6373B7B9E657




試合終了!




11B1A216-59B5-41FC-83F8-B988B7188D77




試合結果!!!


アマツカゼの得点:572!

ブル-トライデントの得点:570!!
AD8B0D5B-E4A8-427E-9D0C-8E96E6105D6F




アマツカゼの勝利!!




4D6F69D0-928C-40FF-AABB-ACA330688B78
もえお:やった。。

やったゾオオオ!!!




944388C3-2C7F-4D27-8BAF-54941BE5FAEA
ソウシ:なぜだ。。

なぜ間に合ったんだ。。




『もえお』は、あの瞬間わかっていたのだ。
0E48A282-53D9-4718-B579-B9F55C45A6C2



。。。。



おしりからギラが出る事を!!
6506F4FF-A779-46A1-BBA5-103509CFD15F




こうして、もえおにとって最後の戦いは終わりを遂げた。





8FA9DCAC-8331-49CD-99FE-A19C84D34856
ソウシ:ワシの時代も終わりか。

世継ぎとなるハヤテの婿も決まった事だし、ワシも隠居生活とさせてもらうか。。!




576F4898-B6A8-478D-B3AF-5A060DA72748
ハヤテ:もえおサン。。かっこよかったネ。。

ワタシ、お嫁さんになるヨ!!



そして、この日の夜。

対抗戦の結果が発表された。


初代、優勝クラブは。。!!


『天狐アマツカゼ』!!!
B785C9DE-A9FD-473B-994C-66E66F9D93D4



熱戦を繰り広げた対抗戦は閉幕し、静かに時は流れた。



。。。。


そして、1か月の時が過ぎた。




ここは華の都、カミハルムイ。
63D893C9-406F-4D7F-83EC-C6086D66159C



B595EC0D-97F0-426B-BBD0-9578598814F0
なつお:かーちゃんお腹すいた!

お腹すいたああああ!!!




0C9DAB60-34B2-4B20-957C-A7C03A403301
メイ子:はいはい。

もう出来るから、もう少しだけ待ってね。




5A289653-FF03-4710-A668-F40B17101D90
メイ子:あ、いけない!

雨が降りそうね。

洗濯物、洗濯物♪




。。。。。。



。。。。。。




そこにいたのは、もえおだった。
12580083-0643-4260-8F7D-75A0BF3572D1




56D08E2E-699D-4BFF-87F9-FE858B43BD40
もえお:かーちゃん。。




F4E7B177-DEA5-4FB3-9756-1E4BCBE43566
メイ子:あんた。。




7FE0A347-1A9B-4422-ABDE-205F31216EA7
メイ子:う。。う。。

もえお:(泣いているのか。。)



4179BA2A-8458-4BBD-9053-BDEB6EF4FC44
もえお:かーちゃん。。

メイ子:うう。。あんた。。

。。。



69D04FAE-E343-432E-93EC-8D70ADCB9A4D
メイ子:対抗戦終わってから、今まで。。

どこいってたのよおおおおおおおお!!!

有り金、全部ぼっしゅう!!




654D03B8-9F07-4545-A6F6-E6334720B89B
もえお:えええええええええええ。。!!!



0FFF0468-6B64-4625-884A-CC0CDCB10FFA
なつお:あーあ。




その後、かーちゃんは全てを話してくれた。


8F776DDC-D3C0-43BB-AF88-8F5451681FB9
メイ子:実は、『めいチャン』は『ワタシ』だったの。

いつもお金を没収していたのは、あなたはまとまったお金が手に入ると、お酒や遊びに使ってしまうから。

預かったお金は、『なつおの将来』と『私たちの老後』の為にしっかり貯金してるわ。




怠けて遊んでばかりで、家族の事を疎かにしていたんだ。

オレは長い間、何かに一生懸命になることへの喜びを忘れていた。

その喜びを、かーちゃんは思い出させてくれたんだ。



メイ子:おかえりなさい。
864BF307-43EA-4E99-AEA8-E8D0153C86D6
もえお:ただいま!!





《もえおの現在のレベル52》
1657D2C6-E832-4F28-B79F-4B722CD12D14




もえおの大冒険 トリニティアイランド編
A383E9C3-8553-4D34-876F-FAC3990296CF
58EAF740-C55E-4A67-9C86-81D708955C6E
E0DB3982-224A-4D7F-8F14-9838849A6FDC





。。。。。





9EBF4854-EB2C-4DFE-8A7F-2D8E3C7A9BE8
もえお:金が無い。。。

働かないと。。。。





。。。。。




オレは、仕事を始める事にした。

何をするかは。。
59389CC5-A161-415C-A980-79BEE1C4EDA7
決めていない。



対抗戦、お疲れ様でした!!

人気ブログランキング