この記事はver4.4のネタバレを含みます、終わっていない人は閲覧注意!



みなさんは、ver4.4のメインストーリーは終わりましたか?

今回はver4.4の世界観で気になった事があるので、いろいろと調べてみました♪

C05FF2E8-2BD1-42C2-9AE2-56A63262E51C





《世界観》

繰り返しになりますが、おもいっきりネタバレ内容なので、見たくない人はそっと閉じてください!





ver4.4のメインストーリー中盤から、『アストルティアの未来』が描かれています。



アストルティアは、『終焉の繭』によって滅ぼされました。568EAFF9-0F6D-4B5D-B21B-6C6CF2447AEE



『終焉の繭』は、『増殖獣バイロゴーグ』を使って、世界全域を壊滅させた。C296534B-670A-4B0D-9D91-84C622D4873A



プクリポ達が住まう花の都、メギストリスも例外では無かった。
F68B7417-5779-455C-9871-12CBDBE99DFC



そして、主人公が訪れたのは。。
2A479D54-0BBF-47C4-A8AA-673247C289CF
そんなプクリポ達の『1000年後の世界』。



この町の住人は、どことなく生気が無い。
3C6DD8D8-95AE-4E05-960C-3AEAA09CD1BE
プクラスと呼ばれる人物により、町の外に出る事も禁止されているようだ。



ゆえに、町の外は閑散としている。
F05E4805-5AB7-4337-BFE4-2435161A6AC1



人っ子、一人としていない。

こんなことしても恥ずかしくないのだ。
41B52535-883E-425F-9743-D9F7C27104FF
やりたい放題である。



この町には、ロボットのようなイルカ、『ペコリア』がいる。
D4563A32-3881-4CFA-BC15-7C75F96FBD42
市民の快適な暮らしのために配備されたようだ。

私達の世界で言う、ソフトバンクにいるヒト型ロボット『ペッパー』に、グーグルアシスタントを搭載した高性能ロボットといった所だろうか。(適当)




さて。。ここからが本題。




エテーネルキューブ以外の手段で、この町に行くには『自然遺産保護区』から向かう事になります。
E0432EFC-AD7D-4BF6-BC9D-03BBC1635F3E
地下には『エレベーター』があり、中層部に町があるのです。



しかし、このエレベーターは更に上に行けます。
7C4297A3-3556-4281-A84E-FD88DE71C21C
管理棟というエリアに行くと。。



そこはなんと、宇宙!
7607A804-D6B4-4C2C-AC90-7C9D402BE8D6



なんで、エレベーターで宇宙。。??



私はそう思いました。




しかし、『自然遺産保護区』に戻り、このエレベーターを遠目に見てみると謎は解けました!
25183C81-C285-4B48-B296-BBDB392D20F4
町がある中層は割と下部にあるのに対して、それより上の部分は膨大な長さのエレベーターが伸びています!


管理棟がある上層部は、このエレベーターの最先端にあるという事!



宇宙へ行ってしまう程の距離があるエレベーターで昇っていたのですね!




この世界はアストルティアの『1000年後の世界』。



実は、この『宇宙エレベーター』。

私達の住む地球でも、現在進行形で開発が行われています。



この『宇宙エレベーター』の研究自体は昔から行われていました。


しかし、最大の課題である『宇宙から吊り下ろす事ができる、充分な軽さと強度のある素材』が無かった。

この研究は、夢物語と終わっていました。
ECDBCBBE-848B-4F6A-B9F6-B2C21273DC78



しかし、1991年『日本』のNECの飯島博士により、夢の素材『カーボンナノチューブ』が発見されました!
5E9533A8-65A0-4607-A120-8F3954DD3F75
※ 画像はイメージです



この大発見により、『宇宙エレベーター』の開発に急展開!
8FAC0AFB-98C4-4552-B2E8-B0D5C1030336



私たちの生きる時代に実現可能
となったのです!
46EA6336-55BA-4BFE-B215-F74F29801380



アストルティアの1000年後の世界に存在していた『宇宙エレベーター』は、私たちの住む地球では数年後には実現できるとまで言われています!




この『宇宙エレベーター』を実現しようと『宇宙エレベーター協会「JSEA」』は、
宇宙エレベーターの活動促進の為に、2009年から『宇宙エレベーターチャレンジ』という取り組みを行っています。


バルーンからケーブルを落とし、昇降機を取り付けて実際に『昇降』させたりする競技大会だそうです。



『自然遺産保護区』から見えるエレベーターの周りにあるバルーンは、『宇宙エレベーター』の開発にかけるロマンや想いを運営さんが表現したのかもしれませんね。
E94223A6-39B5-4C65-9A8E-586EDF2C622F




私達が気軽に宇宙旅行に行ける時代が来たりして!
4E07C928-D944-4A35-B8EE-E5C7778E61CA

※ この記事は独自に調べた物なので、事実とは異なる部分がある可能性があります。



無重力体験してみたい!

人気ブログランキング