あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     

IMG_3538

★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話を元に執筆しています。 

※ 登場人物、団体、場所などの画像は架空のものです。 

注)ホームランおじさんとは関係ありません。

『常闇のホムおじシリーズ・序章』 こちら← 

『常闇のホムおじ』のカテゴリーを追加しておきました♪ 





〜 常闇のホムおじ・第122回 〜
 



ルームに入ると、おじさんは緊張しながらも、すぐに挨拶をした。



IMG_3511



日中ということもあり、ログインはおじさんとユキヒメを除くと2名ほどであった。


そのうち女性は1名。。。



IMG_3515




ログイン中の女性メンバーにも無事に申請を受けてもらう事が出来た♪




IMG_3517




ユキヒメの勇気づけが効いたのか、少々強気になっていたおじさんはミイに早速チャットを送る事にした。




IMG_3519





。。。。。。。。。





その返信は2分後にやってきた。





IMG_3522





おじさんはやってしまったのだ><




それを察したかのようにユキヒメからフレンドチャットが届く。





IMG_3524




改めてルームタブを確認すると、現在この『相方募集ルーム』に在籍しているのは男女ともに8名ずつの16名。



そして、今ログインしているのはユキヒメ・ミイの女性2名と、おじさん・ダイヤの男性2名の計4名だ。




。。。。。。。。。。。。





IMG_3529






。。。。。。。。。。





そして、ユキヒメは察したのではなく。。。






IMG_3540






その事実をおじさんが知ることは、一生無いのであった。。。







※ ミイのモデル:オパブンミさん
image






続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   

人気ブログランキング