あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     

IMG_3411
★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話を元に執筆しています。 

※ 登場人物、団体、場所などの画像は架空のものです。 

注)ホームランおじさんとは関係ありません。

『常闇のホムおじシリーズ・序章』 こちら← 

『常闇のホムおじ』のカテゴリーを追加しておきました♪ 





〜 常闇のホムおじ・第121回 〜
 


『相方募集ルーム』主は『ユキヒメ』という名の人間子供♀であった。


IMG_3376



挨拶を交わすと、ユキヒメは早速『ルームに関しての説明』を始めた。



IMG_3380



一通り説明を終えると、ユキヒメは少し恥ずかしそうに言った。



IMG_3382



おじさんは眩暈がした。


目の前の女性から『募集中です☆』と言われることなどこれまでの人生で経験がなかったし、おでかけ便利ツール以外の外部ツールで連絡を取り合うなど、想像したこともなかったのだ。



IMG_3385




ユキヒメ:何かご質問はありますか?




IMG_3387




すると。。。。




IMG_3389




おじさんは鼻血が吹き出しそうになった。




IMG_3396





IMG_3398



相方が欲しいおじさんにとって渡りに船の『相方募集ルーム』だったが、ルーム主の手厚く優しい気遣いにより、その船は豪華客船のようにも思えた。



IMG_3404




。。。。。。。。。




おじさんはおずおずと言葉を発した。




IMG_3405



そんな妄想をしているうちに。。。。


いよいよルーム入室の瞬間がやってきた。



IMG_3409




こうしておじさんは『相方募集ルーム』に潜り込むことに成功したのであった。




image






続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   

人気ブログランキング