あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     

IMG_1191

★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話を元に執筆しています。  

※ 登場人物、団体、場所などの画像は架空のものです。 

あくまでネタです(●´ω`●)

注)ホームランおじさんとは関係ありません。

『常闇のホムおじシリーズ・序章』 こちら← 

『常闇のホムおじ』のカテゴリーを追加しておきました♪ 





〜 常闇のホムおじ・第108回 〜
 




IMG_1110




一方、ばつすけも。。。。。




IMG_1111





おじさんがPTを解散すると、すぐにばつすけからPTの誘いが飛んできた。



チリンチリン♪



不思議に思いながらも、誘いを受けるおじさん。





IMG_1112





リアルが多忙であったため、金策をあまりしていなかったばつすけは。。。





IMG_1129






。。。。。。。。。






IMG_1139






そして二人は『銀の丘』へと移動した。





IMG_1141






ばつすけはモジモジと、恥ずかしそうに伝えた。





IMG_1144







おじさんは日本酒、酒の弱いばつすけは缶チューハイで乾杯をした♪






IMG_1147







プクリポとドワーフは気にも止めず、これまでの時間を取り戻すかのように語り合った。






IMG_1149





ばつすけの謝罪から始まった語らいは、次第に一緒に居なかった時に実装されたコンテンツの話へと進んだ。




DKの戦闘について意見を交わすと、自然とリアル生活の話へ発展し、ばつすけは家庭を持つことへの期待と不安を『結婚の先輩』であるおじさんに打ち明けた。





IMG_1151





家庭を築く責任に不安を抱くこともあるけれど、自然とそれも生き甲斐になっていくのだと、おじさんは語った。





IMG_1153






ばつすけはおじさんに様々な質問をし、おじさんはそれに答える。






IMG_1154





数年前の自分を、まるで今の自分であるかのように語るおじさん。




ばつすけは、そんなおじさんを一家の大黒柱として賛美し、同じ一人の男として尊敬した。





。。。。。。。。。。。






IMG_1157





そう言うと、おじさんはばつすけに取引を申し込み、『汗と涙の結晶99個×5』を渡そうとした。




IMG_1159





コイン消化の前に用意した『あるもの』とは、ばつすけに返すための『汗と涙の結晶』であった。




IMG_1171





ばつすけとの時間は本当に楽しいものだった。




気持ちよい言葉を投げてくれるばつすけに対して、おじさんは完全に調子に乗る。





IMG_1173





おじさんの寝落ちに気付かず、ばつすけは会話を続ける。





IMG_1175





すると、おじさんのアイコンに離席マークがついた。





IMG_1177





おじさんの姿が消えるまで見守ることにしたばつすけは、画面をつけたままツバメを見た。





IMG_1179





そう言うと、ばつすけはツバメの頭をそっと撫でてよだれを拭いた。



それに反応したツバメが『うぅ〜〜ん』と言いながら布団を蹴飛ばしたので、ばつすけはそっと布団をかけた。





IMG_1183






おじさんを見届けたばつすけも、そっとログアウトをして、ツバメの隣に寄り添った。





。。。。。。。。。。






IMG_1188






それはツバメの放屁音だったのだけれど、『にんげんっていいな』と思うばつすけには、その音すらも愛おしく、『明日から金策がんばろう!』と思いながら、満たされた気持ちで眠りについたのであった。






。。。。。。。。。。






この日の夜も、強烈な寒波の影響で厳しい冷え込みが続いていた。







IMG_1193









image







続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング