あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     

IMG_0462

★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。
『常闇のホムおじシリーズ・序章』 こちら← 

『常闇のホムおじ』のカテゴリーを追加しておきました♪ 





〜 常闇のホムおじ・第101回 〜
 



テル(チロル)は知っていた。



IMG_0445





しかし、その対象は『1人』である。





IMG_0452





おじさんだって『出荷』の意味くらいわかっていたし、そんなのは嫌だと思っていた。



ちゃんと『自分の力』で、そして『チロルと一緒に称号を獲得する』ということに意義を見出していたのだ。




IMG_0456





そんなテルの歪んだ性格は、彼の良心を踏みにじられてきた『過去』に、関係するのかもしれない。。。




IMG_0454





唯一、信じることの出来るひさこでさえも、リアルについては何一つ語ることはなかったのだから。。。





IMG_0458





テル(チロル)は、強く想った。。。。



『としふみに、称号を取らせてあげたい』




IMG_0460








image







続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング