あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     



















★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話 を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。

『常闇のホムおじシリーズ・序章』 こちら← 

『常闇のホムおじ』のカテゴリーを追加しておきました♪ 





〜 常闇のホムおじ・第88回 〜
 



声のする方へ歩くと。。。。。























おじさんは子犬を抱き上げた。
























そして子犬を抱いたまま、帰宅した。

























妻の言葉と犬の鳴き声に子供たちも駆けつけた。




         ※ 娘⬇︎




















子供たちは大はしゃぎ、大興奮である。



呆然とする妻に『ケーキは今用意するから』 と優しく声をかけ、キッチンへ行くと、おじさんはホットケーキを焼き始める。
























おじさんの家のクリスマスパーティーが始まる。
























妻は顔を引きつらせながらも、子供たちの気持ちに寄り添った。



以前、犬を飼っていた妻は、ある程度の知識を持っており、犬を 飼うには相当な費用がかかる ということも知っていた。



それなのに。。。。。

























ご馳走とケーキとプレゼントに、子供たちが大喜びしているのを見て、安価で喜んでもらえて本当に良かったな と、能天気にはしゃぐおじさん。 




。。。。。。。。。。





その夜、子供たちが寝静まると、妻が書斎へとやってきた。


























妻はこれまで、おじさんのすることにはほとんど口を出さずにいた。



だが、今回ばかりは黙っていられない。



生き物の命が関わっているから である。



家族が喜んでくれているとばかり思っていたおじさんは、思いがけない妻の様子に驚くと。。。。

























おじさんのその言葉をきいた妻は。。。。。。






























image






とっしーサイテーーー o(`ω´ )o

続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング