あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     



















★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話 を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。

 ★『常闇のホムおじシリーズ・序章』こちら





〜 常闇のホムおじ・第81回 〜
 



としふみは、ワンコを優しく抱き上げた。
























ワンコは、としふみの顔をペロペロと舐め、すっかり懐いていた。





スーツは泥だらけになっていたが、全く気にせずにワンコを抱いて可愛がるとしふみ。





。。。。。。。。。。





その時!!




 





















ビックリしたとしふみは、慌ててワンコを飼い主に返す。


























そう言って去っていく飼い主の態度に腹を立てた麻衣子は、飼い主を追いかけようとするが、としふみはそれを制止した。


























無邪気に笑うとしふみに。。。麻衣子はキュン とした。。。。 


























麻衣子の心遣いに、としふみは笑顔で応える。


























。。。。。。。。。。。





駅に着くと、麻衣子が思い出したかのように話し始めた。





麻衣子:あ、そういえば趣味なんですけど。。。。

























子供が大好きで、いつか家庭を持てたら、今のたくさんの経験や迷い、知識を持って素敵な家庭を築きたい。



それが麻衣子の思い描いていた夢のようなものだった。

























そう言うと、麻衣子はくるりと背を向け、改札へと歩き出した。。。。

























女性に免疫がなく、怖くてたまらないはずなのに、麻衣子だけには言葉が次から次へと出てくる事に、としふみもまた、驚いていた。



























こうして二人は、運命の出会いを果たしたのであった♪






。。。。。。。。。。






。。だが、現在は未だ『冷戦状態』 である。。。。。。











 













             






image







続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング