あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     



















★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話 を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。





〜 常闇のホムおじ・第40章 〜
 



装備を整えるまで、最強レグナードに行く事は控えた方がいいのだろうか。。。






















解散時には、『次こそは』『また行きましょう』『頑張ろうね!』などと言ってはくれるが、自分の至らなさに心が潰れそうになることもしばしばあった。



さて、今日はどうしようか。。。。



そんなことを考えながら帰宅すると、今日は息子がダッシュで出迎えてくれた。























すると、慌てて妻が割って入る。























おじさんは風呂場へと向かいながら、先ほどの『息子の口調』 を思い出した。























詰まっているのは、どうやら髪の毛のようだった。


まぁ、これなら簡単に。。。と髪の束を取り除く。























おじさんは血の気が引いた。



元々薄いのに、これだけ抜けていたことにも驚愕したが、まだ40代である。






















思わず頭皮に触れると、『ヌルッ』 とした手触りがあった。。。 


妻:お父さん〜! 排水溝、もう大丈夫かしら?


おじさん:ああ、もう詰まりは取れたよ、少し、夕食まで書斎にいるから。























これまで『ネットショッピング』 はしたことがなかったが、家族に悟られたくはなかった


また、どこに行けば買えるのかもわからなかったおじさんは、ネットショッピングで一番良さそうな『発毛剤』の購入手続きをしたのだった。





























image







続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング