あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     



















★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話 を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。





〜 常闇のホムおじ・第35章 〜
 



いよいよ『レベル3』 の日がやってきた。






















竜の咆哮だけはどうしても避けられないけれど、フレパラさんのおかげで怖くない。


相撲だって、他のメンバーがしてくれるから大丈夫♪ 


























そんな大好きなPTメンバー達と、レベル3に挑戦だ!







。。。。。。。。。。。





























『レベル2』までとは、別物だった。。。。。。
























おじさんに『PS(プレイスキル)』 があったなら、もしかしたら勝てたのかもしれないが。。。。。。
























この酷い装備+下手くそ、では勝てる要素がなかったのである。


今回の『レベル3』はあきらめるしかなかった。。。


装備をなんとかしなければ。。。。


そこで、ばつすけのフレさんたちが、おじさんに金策の提案をしてくれた。


























。。。。。。。。。。。






だが。。。。。


おじさんは『今すぐ』に欲しかったのだ。


今すぐ。。。。。。。





image







続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング