あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     



















★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話 を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。





〜 常闇のホムおじ・第32章 〜
 



レベル2にすら歯が立たなかったおじさん。


まずはレベル1・2を倒すことを目標として、3・4の日はアクセサリー&レベル上げに専念する日と決めた。


翌日はレベル4だったため、おじさんは『ポポリアきのこ山』 に籠ることにした。






















こういった作業は、レベルも上げられるため、おじさんは気に入っていた。



強いチムメンの『試練』を頂くことも忘れない。



。。。。。。。。。




そして『レベル1』の日がやってきたのは、週末だった。



『仕事』という名目で『家族サービス』をずいぶん怠ってきたおじさんは、そのことにもう慣れ切っていた。






















まだ幼い娘は、当然だだをこねる。
























おじさんは息子の信じきったその言葉 に、罪悪感を感じずにはいられなかった。



だが、もう後にはひけないのだ。



。。。。。。。。




そんな様子をみていた妻が、口を開いた。



 




















おじさん:(よし!なんとか切り抜けた。。かな!?)























おじさんは妻に感謝の言葉を伝え、家族を見送った。



そして、意気揚々と仕事を開始する♪



ログインをしてチームに挨拶をすると、チムリダとルシはすでに『竜鱗のまゆ』に籠っていた。


今日はまだ、チーム掲示板に『レグ参加者募集』のスレッドは立っていなかった というのに。。。。。























だが、そんなことをおじさんは知る由もなかった。



二人を信じていたから。。。。。。






image







続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング